【メルマガ】ワカツクなび * Vol.15/ 2013年9月12日配信

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ワカツクなび * Vol.15/ 2013年9月12日配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールはワカツクのスタッフが
日頃お世話になっている皆様にお送りしています。

http://www.wakatsuku.jp/

------------------------------------
皆様お世話になっております、ワカツクの渡辺一馬です。
仙台は涼しい秋の風が吹き始めました。

8月19日から約2週間、河北新報社と協働で
「記者と駆けるインターン」を実施いたしました。
結果、31名の学生が被災地の企業を取材し、
現役記者からバシバシと指摘を受け
もがきながら記事を仕上げていました。
彼らの記事は9月中旬以降の河北夕刊やWEBで
順次公開されていきます。

さて、その記者インターンを実施するにあたって、
新たな仲間が増えました。なんと12名!
これまでよりも一層賑やかな社内となりました。
社内インターン生も含めると事務所はパンパン。
先日、同じビル内ですが、増床&引越をいたしました。
お近くにお寄りの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
その増えたメンバーと既存メンバーが化学変化を起こしつつ、
新しい展開を議論し、試していっています。

次回のメルマガでは、この記者インターンから生まれた
新規事業についてお知らせできるはず。
私たちの熱い夏は、もうちょっと続きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 活動レポート
  河北新報「記者と駆けるインターン」
-----------------------------------
あんなに暑かった日々がずいぶん前のように感じ、見上げる空は秋の色になりました。
仙台で“もっとも暑かった夏”のインターンの活動レポートです。

8月19日~31日に実施された河北新報社の「記者と駆けるインターン2013」が
無事、終了しました。仙台市内の大学はもとより、東京、京都、広島、新潟から
エントリーがあり、ハンガリーからの留学生も参加してくれました。

さまざまな思いを抱えて集結した32名の学生は、厳しくも温かいデスクの指導のもと、
取材執筆のノウハウを、実践を交えて学びました。

デスクは「頑張る」ということを寓話「ウサギとカメ」になぞらえ、
「寝ないウサギになれ!」と話しました。

「伝える」ことの意義、そして、難しさに直面するたびに成長を重ね、
濃厚な時間を過ごして迎えた最終日。どの顔も晴れやかで、引き締まっていました。

この夏、インターン生が執筆した班原稿や個人原稿、
インターン期間中にリアルタイムで記したブログは
河北新報社WEBサイト内の「ふらっと」で見ることができます。

http://flat.kahoku.co.jp/u/intern/

第2回は10月末から、第3回は2月に実施予定。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ F+Project研修会 ★参加お待ちしています!
-----------------------------------
先日開催されたF+研修会では
NPO法人JEN プログラムオフィサー西村真由美さんを
ゲストスピーカーにお迎えしました。

自分の特技は「人の話を聞くこと」と言い切れるほど、
「地域の中で何か起こすなら、主役は地域のみなさん。自分達が描いている
プロジェクトを先に話すとそれは住民のプロジェクトにならない。プランを
持っていたとしても話さない。とにかく話を聞くことに徹している」こと。
「住民のやりたい気持ち」を大切にしていること。
また、「プロセスに光を当てること。
何も進んでいないように見えるプロセスだからこそ、記録して、発信していくことも
大切」など、このような活動に関わる上で心に留めておきたい、
指針となるようなお話を沢山伺うことができました。

F+Projectでは、復興支援を行う若者をサポートしています。
団体や個人の成長が期待でき、
資金面での援助(*審査があります)もある本プログラム。
次回10月12日の研修会のゲストは
七ヶ浜町を中心に活動しているプロジェクトコーディネーターの久保田靖朗さん。
参加は無料です。

募集内容・お申込みは以下をご覧ください。
www.wakatsuku.jp/fplusproject

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 東北1000プロジェクト ★
-----------------------------------
いつも応援ありがとうございます。
おかげさまで「応援する!」総数も6万を超えました。
さて日本から全世界へ、持続可能性に関する日本の多様な情報を発信している
ジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)のサイトで
東北1000プロジェクトを紹介していただきました。
日本語:http://www.japanfs.org/ja/pages/032948.html
英語:http://www.japanfs.org/en/pages/032949.html

多くの方に東北内外で動いているプロジェクトを知り、
応援や活動に参加していただけると嬉しいです。
これからも東北1000プロジェクトをよろしくお願いします。

東北1000プロジェクトのfacebookはこちら
on.fb.me/19LLzWM

プロジェクトの掲載は随時募集しています。
東北の課題解決に取り組むプロジェクトを運営している方、是非ご登録ください!

▼詳細はこちら
www.tohoku1000.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワカツクは若者が挑戦を続けるための生態系の構築を目指します
一般社団法人ワカツク / 発行責任者:渡辺一馬
【WEB】http://www.wakatsuku.jp/
【Facebook】http://www.facebook.com/wakatsuku
【Twitter】http://twitter.com/#!/waka2ku
------------------------------------
ご感想・掲載に関するご要望・お問い合わせは、
以下のフォームでお待ちしております。

http://www.wakatsuku.jp/ml2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━